IP無線

IP無線(携帯通信網と業務用無線機を融合した新世代の無線機)

日本初業務用IP無線機『ボイスパケットトランシーバー』をモバイルクリエイト社が開発。 当社は総代理店として販売パートナー社とスクラムを組み、音声通話・GPS内臓の「モバロケ」「モバロケ+」をご提案いたします。


高品質なサービスと充実の機能

【全国のFOMAエリアで利用可能】
デジタル携帯通信網を利用してデータ・音声の通信が行えます。 業務無線では電波の届かない山間部、ビルの谷間などの不感地帯な どの問題が解消され快適な通話・通信を実現しました。

【コスト削減】 FOMAネットワークを利用することで基地局設備が不要です。

【免許取得・更新も不要】
無線免許の資格が不要です。さらに、導入後の増設、減車、 事務所の移転についても煩わしい手続きは一切不要です。

【GPS車両管理サービスが手軽に導入可能】

インターネット環境があれば、どこでもGPS動態管理画面が確認可 能です。(利用プラン契約)

【運転走行中の利用が可能】

無線機による通話は、道路交通法 取締対象外です。注①・注②

【使いやすい機能が充実】

ボタンを押すだけで無線でやりとりができる通話機能、見やすい画 面表示、押しやすいボタン、操作メニューなど使いやすさを重視し た設計です。

【多様な通話モード】

車両が全国に移動しても、一斉・グループ通信が可能です。 「指令室通話」「個別通話」「一斉通話」「グループ通話」に加 え、相手が通話中でも割込み可能な「強制通話」もできます。


 

注①:「車載型」をご利用の場合は、規制の対象外となります。 なお、この場合でもマイクの画面を注視したりキー操作を行なう場合は、 規制の対象となる場合があります。 また交通の危険を生じさせたり、事故を起こしたりした場合には、 安全運転義務違反(第70条)や、別途、違反の適用となりますので、十分にご注意下さい。
注②:「ハンディ型」については、規制の対象となります。

イメージ図

モバロケ・モバロケ+(動態管理システム)

ASPで実現する車両動態・運行管理システム 車両の現在地や状態をリアルタイムに事業者様のパソコンまたはスマホ、携帯電話にて監視することが可能です。


【現在状態】


【動態履歴】

 



現在「車両がどこにいるか」「どういう状態か」が一目で把握できます。高感度のマルチGPS受信機を使用し、リアルタイム(100m移動毎、又は3分)で高精度の車両表示をゼンリン住宅地図に実現しました。

指定した車両が「いつ、どのような履歴で動いたか」「その時どのような状態だったか」が一目で把握できます。この機能を利用する事により、速度、停滞場所、時間、などの管理が可能になります。